SSブログ

黄色の春 [雑記]

春は桜とは言いますが 桜ばかりが春の花ではありません 菜の花も印象的な春の花です 近所の川原で咲いてた菜の花です

堤防の土手に咲き誇る様は圧巻です 蝶(モンシロチョウかな)も飛んでいて 何とか写真に収めようと試みたのですが 無理でした あわよくば菜の花に止まってくれないかなぁと思ったのですが 人間の思いなど どこ吹く風で 自由に舞っておりました

このすぐそばで 十三高槻京都線の正雀川トンネルの掘削の為の準備工事がおこなわれています 何の為かはわかりませんが 鉄板を地中に打ち込む作業がおこなわれてました

主役はこの機械

こんな感じで 鉄板が地中に打ち込まれていきます 1枚打ち込んでは 溶接でつなぎ また1枚打ち込んでは溶接でつなぐの繰り返し ちなみに この機械の向こう側に おっちゃんがいて コントローラーで機械を動かしています なんとなく  行け!鉄人! って言ってそう(笑)

鉄板1枚分 前に移動しているんですけど わかりますか 真ん中の写真で 上に浮かんで 下の写真で 前に移動しています 

思わず見入ってしまいました ほかにも数名の見物人が 写真を撮っているのはseemoだけでしたが ちなみに鉄板自体は 別の場所から クレーンで運んで この機械にセットしています このあと川沿いに 桜なんかを見ながら 帰りました

正雀川の堤防に咲いている 桜  樹高が1メートルぐらいしかありません でっかい盆栽のようです 多分近所の方が植えて お手入れしている物と思います

訂正 桜ではなくて桃でした 似てるよねぇ

安威川沿いの遊歩道の桜 そろそろ見納めです

たんぽぽも黄色い春の花ですね


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 3

altec2006

日曜日に氷上の方まで桜を見に行ってきました♪
ちょっと遅い桜見です。
やっぱ 散り始めていた。 お弁当の上に桜の花びらが・・・。
これも また良かったかな?
その後 明石方面へ移動♪
今回は友人の車での移動♪
氷上から明石に行くまで・・凄い菜の花畑がありました。
菜の花を見に来てる人もいてました。
車を止めることなく 窓からの見物♪
菜の花は綺麗ですよね 黄色のじゅうたんのようでした(*^_^*)
花は 本当に癒し系です♪
つい最近 職場に犬がやってきました(二匹目を飼い始めたんです)
その名も春に来たから「菜々ちゃん」です。菜の花から・・・・。
その菜の花を見ながら「菜々がいっぱいだ(#^.^#)」と馬鹿騒ぎしていた私です。
(-。-) ボソッ 年を考えろってなぁ・・・・・。
「あの花が 油になるねんでぇ~」と娘に言うと「知ってる」と一言・・
もうちょっと感動して欲しかったなぁ~って無理な話かな??

菜の花とチョウチョウと言えば 「歌」
この歌 二番もあるそうですね 知らなかったです。
by altec2006 (2007-04-17 01:50) 

aska27

矢板打ってるんですね。
手前か向こうかを掘るんですな。崩れないように補強ということで。
矢板打つのに「突き刺す」機械ってことで、振動やら油圧やらで
ガンガン刺して行きます。
これしか出来ない機械なんで、晴れ舞台なんですけど、地味な機械ですなぁ。
by aska27 (2007-04-17 08:26) 

seemo

altec2006さん コメント有り難うございます
  氷上ですか seemoも某宗教系の公園墓地に OO家の墓があって
  年に1度は訪れる所です ここの中に珈琲の青山が昔出店していて
  珈琲饅頭がおいしかったのよねぇ 残念ながら今は販売されていません
  氷上から明石に移動するなら 国道175号ですよね 滝野社までは
  走った事がありますが そうかこの季節なら菜々がいっぱいなのか
  道中 へその湯っていうスー銭がありますよね 入ったこと無いけど
  そうそう山南にもトウキっていう薬草を使ったお風呂もあるね
  滝野社にはぽかぽもあるし R175はお風呂街道やな
  まあ年は考えなくても ・ ・ ・ いくつになっても可愛いaltec2006さんという
  ことで  seemoももうすぐ37ですが 気持ちは少年!です(人間として
  成長していないという見かたもありますが ・ ・ ・)

aska27さん コメント有り難うございます
  矢板って言うんですか まさに突き刺すって感じでした
  10メートルはゆうにあろう矢板を意図も簡単に突き刺してました
  地味な機械かもしれませんが かっこよかったです
by seemo (2007-04-17 22:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

N響アワー吉野山 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。